MENU
お独り様の様々な悩み
お独り様の様々な悩み(SP)
無料!

かかる費用一切なし

電話だけ

おしゃべり不要

 

簡単!

好きな時間に週1回

 

漫画で紹介「孤独死防止サービス」漫画で紹介「孤独死防止サービス」

当サービスは、日本郵便の助成によりNPO法人ボラナビが提供。札幌市の後援(2018年度)を受けています。
事務局のメッセージはこちら

孤独死防止サービスのしくみ

孤独死防止サービスのしくみ(チャートpc)
 
  1. 週に一回、お好きな時間に、専用電話にお電話ください。
  2. 事務局は週に1回、着信記録をチェックし、着信がなければ、ご利用者様へ電話します。
  3. ご利用者様と連絡が取れない場合は、緊急連絡先者様に連絡します。

※当サービスは緊急事態そのものを
 回避するものではありません。

 

ご利用者様とは
一人暮らしで孤独死などが心配な方

緊急連絡先者様とは
ご利用者様と別居のご家族、ご親戚、ご友人、民生委員、近隣住民、勤務先や住宅管理会社の方、大家さん等

 

孤独死防止サービスを利用するには

申し込みの流れ

1. メールフォームより送信
お申し込みフォームに必要事項を入力し、事務局へ送信する。
または、「サービス利用同意書兼申込書」を ダウンロードしてFAX、郵送で申し込みも可能です。
2. 事務局よりご連絡
申し込み内容を確認後、ご利用者様と緊急連絡先者様にご連絡させていただきます。
3. ご利用開始!
毎週1回、利用者さまから弊社専用電話にお電話をかけていただくことでご利用開始です。

お申し込みフォーム

FAXや郵送でお申込みの場合

「利用同意書兼申込書」送付・送信先

【FAXの場合】 011-242-2042

【郵送の場合】NPO法人ボラナビ 
〒060-0061 札幌市中央区南1条西7丁目12番地5 大通パークサイドビル3階

NPO法人ボラナビより

みなさんは、「孤独死」と聞いて、他人事だと思われますか? それとも、ご自身や親御さんにありうることだと感じられたでしょうか。

「一人暮らし」と「高齢化」が後押しして、孤独死される方が増えています。 孤独死は非常に痛ましく、遺族やご近所に大きなショックを与えます。加えて、遺体発見までにかかる日数や季節によっては遺体の腐乱が起こって周囲に迷惑をかけ、専門的な消臭消毒が必要です。

事故物件として不動産価値が下がるなどの副次的被害も課題で、一人暮らし高齢者に対するアパートの貸し渋りにつながっています。

私たちは、運営する「お独り様会」で60代の会員様と一時連絡が取れなくなったのをきっかけに、孤独死防止サービスを2013年に始めました。
日本郵便の年賀助成金により2017年から、全国の孤独死を防ぐために当サービスを拡充できるようになり、心より感謝申し上げます。広くご利用いただければ幸いです。

孤独死に関する記事のご紹介

「孤独死関連記事のご紹介」ページはこちらです。

30~40代の「孤独死」壮絶な後始末に見えた現実(東洋経済-2019年4月1日)

「現役世代で孤独死する人には、思いもよらぬ場面で、人生の歯車が狂い、挫折し、そのまま立ち上がれなくなった人が多い。中には、30代や40代という働き盛りで孤独死する人も少なくない。」この記事で孤独死現場の悲惨さを伝えている特殊清掃の専門家・塩田氏は現役世代の孤独死についてこう語っている。

詳しくはこちら

「孤独死保険」は多死社会の切り札となるか(東洋経済-2018年12月31日)

時代の変化を的確にとらえて、ビジネスに仕上げるのが得意な損害保険業界において「孤独死保険」がじわじわと注目されているという。記事では、その仕組みや注目されている背景などを紹介。少子高齢化時代の負の側面、死亡者数が毎年増えていく「多死社会」という現実を反映しているとしている。

詳しくはこちら

全国の孤独死の3分の1は東京23区で起きている(ニューズウィーク日本版-2018年10月11日)

「日本全国の孤独死の3分の1は都内23区で起きていることが分かる。都内23区の人口比は7.6%でしかないことを考えると、極端な偏りだ。人間関係が希薄な大都市で孤独死は起きやすいのだろう。最近ではその傾向が強まっている。地方から上京してきた団塊世代が高齢期に達したことも背景にあるのではないか。」(記事本文より)

詳しくはこちら

PAGE TOP